ジャニーズカウントダウンライブ 歴代情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始の日本の定番行事にもなりつつある『ジャニーズカウントダウンライブ』。

誰もが知っているようなジャニーズ事務所の人気タレントが一堂に会する贅沢感ある公演内容からか、ジャニーズのファンでなくとも、何故か年越しの瞬間に見てしまう人も多いようです!

今回はそんな『ジャニーズカウントダウンライブ』通称カウコンについておまとめしました。

ジャニーズ事務所のタレントを応援するジャニヲタにとって、彼らの活動を追う中で避けては通れない必修科目・カウコン。ここで一気に詳しくなっちゃいましょう♡

目次

カウコン とは

まずは「そもそもカウコンって何なんだ?」というところから、改めてご説明いたしますね。

気付いた頃には私たちの年越しにその姿を現し、すっかり恒例ともなっている『ジャニーズカウントダウンライブ』。今や日本のテレビ番組の年末に、かかせない存在とも言えるかもしれません。

この「カウコン」は大晦日から元旦にかけて行われるジャニーズ事務所のタレントが出演する年越しライブ公演のこと。そして、フジテレビ系列にて放送される、ライブ公演の中継番組のことを指します。主な会場は東京ドームです。

ちなみに、この年越しは日本時間に合わせて行われます。

年越しの瞬間に画面右下にカウントダウンが表示されるのも番組放送時のポイント。他局の番組を見ていても年越しの瞬間はジャニーズカウントダウンにチャンネルを変える人も多いようです!

カウコンの歴史

カウコン初期

『ジャニーズカウントダウンライブ』は阪神・淡路大震災の災害復興チャリティーイベントとして1997年に始まりました。

この頃は、ジャニーズ事務所内の関西出身のメンバーがいるグループ3組(TOKIO・V6・KinKi Kids)によって、阪神・淡路大震災へのチャリティー活動の一環として結成されたユニットJ-FRIENDSが中心となり、東京宝塚劇場で行われていたんですね。

また、このライブ開催のそもそも大本になったのは、この前年に行われたV6のカウントダウンライブみたいです。

翌年1998年からは舞台は東京ドームが中心となり、遠隔地で単独コンサートを行うグループがいれば各地を中継し繋ぐような構成となっています!

ちなみに、カウントダウンライブのステージセットは大晦日・年始あたりに毎年公演を行っていた、KinKi Kidsのセットがそれを活かすような形で使用されることが多いです。

カウコン今現在

そして、今現在私たちが見ているようなジャニーズ事務所の所属タレントが大勢出演する形になったのは2003年から!

出演しているのはCDデビュー、俳優デビューをしてるほぼ全ての所属タレント。そのため、カウコンは普段なかなか見られない先輩後輩の絡みやグループの垣根を超えたパフォーマンスコラボなどが見られる貴重な機会なんです♡

生田斗真や風間俊介をはじめとした、普段歌い踊る姿がなかなか見られないジャニーズ事務所の俳優メンツのパフォーマンスが楽しめるのもカウコンの醍醐味ですよね☆

ちなみに、労働基準法の関係で18歳未満のメンバーは出演できない(時間的に難しい)ため、事前録画したパフォーマンス映像を放送するか、18歳以上のメンバーのみ出演して出演できないメンバーは客席にいる状態でギリギリ映すことが多いです!

また、カウコンは東京ドーム以外の場所で収録されることも多く、滝沢秀明が舞台公演を行っていた帝国劇場や単独でカウントダウンを行う場合の京セラドーム、紅白出演で遅れて到着する嵐の移動車からの中継なども過去にはありました。

カウントダウンライブ自体は23時頃から始まっており、放送時間内よりも現場の方が少し長くライブを楽しめるようになっています。毎年一度きり、放送前の内容は収録されないので倍率もとっても高いですが、その分とってもレアですよ~!(会場公演が再開した際の応募の参考にしてください!)

公演内容

主なカウコンの公演内容は、大きく分けて以下のようなものが見られることが多いです!

シャッフルメドレー

グループの垣根を越えて、各メンバーがごちゃ混ぜシャッフルされた状態でパフォーマンス。

グループチェンジメドレー

それぞれのグループの楽曲を交換してパフォーマンス。

年男ユニット

その年の年男を集めたユニット。カウントダウンライブの場でしか見ることができない。干支を模した被り物や衣装の装飾、着物を着てパフォーマンスすることもある。

ヒットソングメドレー(デビュー曲メドレー)

その名の通りヒット曲が続々と歌われる。デビュー曲を歌い繋ぐ場合もある。

この辺りはだいたい例年同じ曲が歌われます。また、ヒット曲、デビュー曲とつく名前通り、知名度の高い楽曲の披露も多くジャニーズ楽曲に詳しくない人でも楽しめるようになっています!

周年グループのアニバーサリー企画

その年に周年を迎えるグループをお祝いするコーナーが設けられることも。アニバーサリーメドレーと題し、周年のグループがメドレー形式でヒット曲などを披露することが多いです。

カウコンで起こったドラマ

ここはおまけ!過去のカウントダウンライブで起こったドラマ(や面白演出)を少しだけ紹介いたします☆

城島茂、クレーンを操縦

2000年-2001年の公演では、演出の一つとしてTOKIOの城島リーダーがクレーンを操縦し、聖火台に点灯するという一幕も!免許を持ってる人しかできない、なかなかレアで面白い演出ですよね(笑)

ジャニーズカウントダウンライブ、放送されない

初開催以降毎年あったはずのフジテレビによる公演の中継。実は2014年-2015年だけは放送されなかったんです!(理由は不明)この年は、ジャニーズ事務所の超大御所タレント・近藤真彦さんの35周年記念も相まっての少し異色な公演内容だったようなので、色々な事情があったのでしょうかね? 詳しく気になる人は「 マッチ カウコン」 とかで調べてみてください。(笑)

放送中にデビューが発表される

2013年-2014年のカウントダウンライブは、ある意味大荒れした公演かもしれません!放送中に、出演していた当時関西ジャニーズJr.の中間淳太、桐山照史、重岡大毅、小瀧望(現・ジャニーズWEST)が4人で「ジャニーズWEST4」というグループとしてデビューすることを発表。重岡、小瀧には同じグループで活動していた神山、藤井の存在があったため該当のファン達は大騒ぎでした。

コロナ禍での変更点

以上のように、年末番組の代名詞として長く愛され続ける『ジャニーズカウントダウンライブ』。新型コロナウイルス感染症が流行した2020年-2021年は、社会状況を鑑みこれまでのような大規模会場での公演は開催されませんでした。

しかし、東京の街各所から中継を繋ぐ(一部収録も含む)形でカウントダウンライブは放送

さらに、出演タレントの各FC限定で動画配信も。放送された内容に加え、特別なパフォーマンスや新年のご挨拶を含めた「完全版」として有料配信されておりました。

恒例だったライブ形式での実施は難しくなったとしても、形を変えてでも新年の楽しみを作ってくれるなんて最高ですね♪

どんな状況下でも進化し、工夫を凝らして私たちに笑顔を届け続けてくれる『ジャニーズカウントダウンライブ』。「これを見ないと年越しした気分になれない!」そんな風に思う方も多いのではないでしょうか?

カウコンはそれ程に、私たちの年末に欠かせない一大イベントですよね!これからもそんな素敵な放送が変わらず楽しめるよう、感染対策バッチリして日々を健やかに過ごしましょう☆

この記事を読んで、わからない言葉があった方はこちらもチェック!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

fifteen − nine =

目次
閉じる