関西ジャニーズJr.「アホ新世界」小ネタ・歌詞徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

歌詞について

ではここから一気に歌詞に沿って解説していきます!

歌詞を解説していくうえで、過去の関西ジャニーズJr.のユニットやそれぞれのオリジナル曲にどんな楽曲があったのか、彼らの歴史を知っていたほうが絶対面白いと思うので、「最近関ジュを知った!」という方はぜひこちらも併せてご覧ください♡

小ネタ・歌詞解説

まず歌いだしのフレーズ

なにわ、かんさい、Aぇところ!

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

読んで字のごとく、関西ジャニーズJr.のユニットなにわ男子・Aぇ!group・Lilかんさいをもじったフレーズですね。しかも、ここのパフォーマンス時には、各グループのハンドサインが振り付けになっています☆

この歌詞はこの後何度も登場するので、ライブの時にはなにわ男子・Lilかんさい・Aぇ!groupのハンドサインを覚えていくことをおすすめします!

次!1番の歌詞です。

人情と愛情で拓く新世界(やっと出会えたビリケンさ~ん)

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

「アホ新世界」の歌詞にもさらりと登場するビリケンさん。ここはおそらくオマージュや楽曲の引用などではありませんが、大阪らしさ、関西感の象徴としてデビュー組の楽曲の中にも登場したりするアイテムではありますので要チェックです!

例:「∞SAKAおばちゃんROCK」関ジャニ∞

ビリケンさんとは、幸運の神様の像のこと。特に通天閣の中にあるビリケンさんの大きな像が有名なことから、大阪のモチーフとしてもよく使われます。ぜひ新世界行くときは見に行ってみてください♡

次!1番サビですね。

ホップステップ飛ばしたって飛べたんだぜ

失敗がなんぼのモンじゃい(なんぼのモンじゃい!)

遠回りも空回りも 笑い飛ばして行こう(ワッハッハー)

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

サビの中のワンフレーズ。ここには関ジャニ∞の楽曲が2つ隠れています!

「なんぼのモンじゃい!」は5枚目のアルバム『FIGHT』の一曲目「モンじゃい・ビート」のサビの歌詞そのまま。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIGHT [ 関ジャニ∞[エイト] ]
価格:3335円(税込、送料無料) (2021/7/17時点)


そして、「ワッハッハー」は8枚目のシングル「ワッハッハー」のタイトルからきているのではないかと考えられますね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワッハッハー [ 関ジャニ∞[エイト] ]
価格:943円(税込、送料無料) (2021/7/17時点)


次は2番の歌詞から、関連するところを見ていきましょう♪

2番は地味に小ネタが多いです!

愛と粉もんで食い倒れる街

ツッコんでナンボ オトして魅せる a whole new world

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

「粉もん」はジャニーズWESTの1枚目のアルバム『go WEST よーいドン!』に収録の楽曲「粉もん」かな?

ただ、関西はたこ焼き、お好み焼き、明石焼きといったご当地料理としての粉もん文化が元からあるので、ジャニーズWEST関係なく歌詞の中に入っていた可能性はあります。(笑)

ちなみに、ここでがっつり「a whole new world」って歌ってますよ~!

振り切ってこーぜ 心躍る方へ

皆お手を拝借 ほら ブンブンイェイイェイイェイ

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

「振り切ってこーぜ」も「ブンブンイェイイェイイェイ」も関ジャニ∞の6枚目のシングル「ズッコケ男道」の歌詞です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズッコケ男道 [ 関ジャニ∞[エイト] ]
価格:1006円(税込、送料無料) (2021/7/17時点)


よーく見てみると、振り付けも関ジャニ∞が「ズッコケ男道」内で踊っているダンスをもとにしているっぽいので、しっかりチェックしてみて、ライブで一緒に踊ってみましょう☆

次!

気付けばBig shot!! 笑えりゃ大勝利

理由なんていらないでしょ

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

「Big shot!!」はジャニーズWEST13枚目のシングル「Big shot!!」タイトルままなのでわかりやすいですね!


本当にさりげなく、デビュー組の歌詞が含まれていて、聞いているだけで関西ジャニーズの愛を感じられますね♡

次は2番のサビ!

2番のサビにも「失敗がなんぼのモンじゃい」という先ほど紹介した歌詞はもちろんあるのですが、こちらは関西ジャニーズJr.色強めです。

会えなくても 届かなくても

プラチナのジェットで(chuchuchu)

何十回何百回何千回でも 

距離を飛び越えて(Break Through!!)

「アホ新世界」関西ジャニーズJr.

「プラチナのジェットで」→なにわ男子「ダイヤモンドスマイル」

「chuchuchu」、「何十回何百回何千回」→Lilかんさい「Lil miracle」

「Break Through!!」→Aぇ!group「Break Through!!」

が元ネタですね!

「なにわ、かんさい、Aぇところ!」というフレーズでも3グループの存在を押しているように、先輩から受け継いだ関西ジャニーズJr.をこの3グループが中心となって盛り上げ、新しい関西ジャニーズJr.の世界を見せていくそんな決意も込められているのかもしれません。

ほかにも、間奏の部分で関西ジャニーズJr.全体のオリジナル曲「関西アイランド」のような漫才風のお笑いシーンがあったり、歌詞の合間合間にメンバーたちがふざけていたりと見どころ満載!

Aぇ!groupの単独公演で披露された時には、少し歌詞を変えて歌ったり、セリフパートを意外な人が言ったりと、誰が歌うかによっても雰囲気がガラッと変わる一曲。今後どんどんいろんな場面で披露していってほしいですね♡

余談:Kinki Kidsは?

ここまで「アホ新世界」の歌詞を見てきましたが、関ジャニ∞、ジャニーズWESTといった関西出身をルーツとして活躍するデビュー組の歌詞やモチーフがたくさん詰め込まれているのに、「なんで関西出身のKinki Kidsの要素はないの?」と不思議に思った方も多いのではないでしょうか?

これについて、明確にジャニーズ事務所や関西ジャニーズJr.たちから話があったわけではないので正しいことはわかりませんが、関西ジャニーズJr.という括りがジャニーズ事務所にできた時期を考えると、スムーズに理解できるのではないかと感じます。

Kinki Kidsは、ジャニーズ事務所初の関西出身のユニットだったという意味で関西ジャニーズの先駆けではあるのですが、関西ジャニーズJr.という大きな括りがその時代に生まれていたわけではなく、むしろJr.の頃は現・TOKIOやV6のメンバーと一緒に寮生活をしたりしていたみたいです!

グループ名が決まるまで「ジャニーズ関西組」や「KANZAI BOYA」といった関西色満載のグループ名の時期もあったようですが、活動拠点はJr.の頃から既に関東をメインとしていたみたいなので、あくまで関西出身の二人という立ち位置だったことがわかりますね!

そのため、関西ジャニーズJr.という集団のはじまりは関ジャニ∞から、と区切っているのではないでしょうか

昨年行われたライブ公演『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~』のレポート記事にも少し書いてあるのでぜひ見てみてください♪

また、今回をきっかけにKinki Kidsに興味を持った方はこちらの記事もぜひチェックしてみてください♡

Amazon Primeでのライブ配信は終了してしまいましたが、おすすめのライブ公演について載っています!ぜひDVD購入時や視聴時の参考にしてみてくださいね☆

コミカルで明るく関西らしさ全開の一曲「アホ新世界」、キャッチーなフレーズも多くライブで盛り上がれること間違いなしですね!

C&Rもたくさんあるのでしっかり歌詞や注目ポイントを押さえて、公演で楽しむ準備をしていってください♪

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

five − two =

目次
閉じる